シボレー エクスプレス バンパー

10月もあっという間に中旬になりましたので、そろそろブログを書きます。

さて、今年4月のブログでご紹介した大型サンドブラスト・大型焼き付け釜ですが、実はもうすでに完成し、稼働しております。(自作はかなり疲れました。)

今日は、それらを使って近所のライデンさんのエクスプレスバンパーを塗りましたので、紹介したいと思います。

まず最初は塗装前・・・

SANY0183

純正のメッキバンパーです。 へこみ・などもなく状態は良かったです。しかし、リアバンパーの水があたるところの錆がひどいです。

SANY0185

まさかこのまま塗れないので、早速大型ブラスト機でさび落としを兼ねてブラストケレンを行います。

SANY0189

ブラスト中は必死で写真撮れなかったので、塗装前の乾燥完了時の写真です。

残っている錆は一切ありません。

SANY0194

その後、溶剤プライマー→焼き付け→パウダー→焼き付けで完成させます。窯の熱でピントもズレます。

エクスプレスのバンパーなので長さ2m超えていますが、窯の奥行きが6mありますので、余裕です。もう2台分くらい一度に焼けます。

取り付け完成したのがこちらです。

exp

IMG_2038IMG_2033

exp1

半艶パウダーバンパー+リアサイドウインドウで見事にガーゴバンになっています。(ノーマルはは乗用グレードのエクスプレスでした)

ブラスト+パウダーでしっかり塗装しましたので、飛び石などで下地のメッキがキラキラ出てくる確率が格段に減ります。

金属製のバンパー塗装お考えの方は是非、弊社にお任せください!持ちが違います。ご連絡お待ちしております。

最後にお知らせです。メックコーティングでは大釜完成記念?といたしまして車のラダーフレーム(国産~アメ車・国籍問いません)のブラスト~パウダーを1名様限定で特別価格(安いです)で施工いたします。条件といたしましてフレームの持ち込み・引き取りはお客様自身でやっていただき、納期は1か月位、塗装完成後ブログで紹介させていただけるお客様に限らせていただきます。もしおりましたら、お問い合わせフォームよりご連絡よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

スーパーウィークエンド 2015

昨日 長野市Mウェイブで開催されました、スーパーウィークエンドに行ってきました!

今年で10周年で地元長野県では一番大きいイベントだと思います。

今回は弊社で部品の一部を塗装させていただきましたカスタムハーレーが出展されるということで楽しみにしていきました。

無題1

今回塗装させていただいたのはこちらの3台のシリンダーのガンコート

真ん中の白いバイクにおいてはフレーム・ホイール・小物パーツのパウダーコート クランクケースなどのガンコート マフラーステーのセラミックコートと沢山のパーツを塗装させていただきました。

NCM_0416

ショーバイクということで少し緊張しながら気合いを入れて塗りました。

特にフレームは白ということでいつまでも奇麗にいれる様、念入りに溶剤下塗りなどを行い、プレート部とパイプ部の合わさりなどから錆が発生しないようにしました。

それにしてもタンクのフレーク部分が素晴らしく奇麗でした。私はパウダーしか塗れないので、こういうカスタムペイントは尊敬します。

 

NCM_0423

他のバイク屋さんのブースも拝見したところ、おそらく自分が塗ったであろう部品が付いていてうれしかったです。

もっと腕をあげて頑張ろうという気に改めてなります!

最後にグッサンのステージを見て帰りました。トークライブではなくずっと歌を歌ってました。

NCM_0422

ケータリング・アパレル・雑貨などのブースもあり、1日楽しめるのでお勧めです。また来年も行きたいと思います。

スチール看板2

しばらくぶりの更新です。

7月のことになりますが、弊社の近所にある居酒屋さん ”やるきや” ”やる樹家”のリニューアルオープンに合わせ看板作成ご依頼いただきました。

刺身・揚げ物・ローメン・日本酒など充実しおり、雰囲気いいお店です。値段も良心的で弊社もよく利用させていただいております。

 

さて今回の看板の話ですが、全体幅2400mm高さ600mmほどのもので、まず2mm鉄板にレーザーで文字を抜き、文字に厚み持たせるため0.6mmの鉄帯を溶接していきます。これで塗装していない看板が出来上がります。その後ブラストで足付け+リン酸鉄皮膜をおこないます。

NCM_0306NCM_0307

表面の歪みなどを考慮すると、半田付けの方が良いのでしょうが、この後に焼き付け塗装するので(半田が溶ける可能性)MIGで付けていきます。

溶接にももっとこだわりたいのですが、樹脂製(発砲スチロール)看板並の価格帯に抑えてご提供したい+塗装の方をこだわりたい為、溶接はスピード重視で、どんどん付けて行きます。

 

NCM_0313

ブラストしてリン酸鉄皮膜処理を行いました。わかりずらいですが、青紫の被膜が奇麗に形成されました。

この後各文字指定色でパウダー1コート+高対候溶剤クリアで塗装して・・・・・

いきなりですが、取り付けまで完成です。

NCM_0323

携帯で撮影しているので、画質悪いですが、実際にはもっとつやつやです。

看板を作成する予定のある方、メックコーティングでは色褪せない・朽ち果てない看板作りを心がけております。お気軽にご相談ください。

 

 

 

大物

今日で4月も終わりです。仕事の方ですが、最近は1辺が2mを超える大物の問い合わせを何件か頂きました。

残念ながら現状、弊社で対応できるのは1.8mまでとなっています。しかし、そろそろ大物にも対応して行きたいので、思い切って設備投資してみました!まず焼付釜です。オール自作で経費削減です。

釜が大きいので、温度ムラができないよう、ファンの位置・ヒーター位置・分散羽など試行錯誤が必要ですが、8チャンネル熱電対で確実に管理しようと思います。ちなみに長さ6m幅1.5m高さ1.5m位を予定していますので自動車関係の部品も問題なく焼付できそうです。

1430402706677

次にブラストです。大物となると現状のブラストでは時間がかかりすぎますので、サイズに合ったものにしました。

実際パウダーコートは下地処理に半分以上の工数使っておりますので、下地がスムーズに行くと塗装・マスキング時間に余裕ができ、最終品質を上げれると考えております。

このブラスト機は今までの乾式に加え、湿式でも使用できるすぐれ物です。湿式なので、ボディパネルなどの薄物も熱で歪ませることなくブラストできます。ただ威力がすごいので小さい部品等には使用できず(吹き飛んで行きます)車関係の大きな部品で使用することになりそうです。

いずれも6月以降に本格稼働させようと現在作業の合間をぬって必死で進めている状況です。

お問い合わせいただいたお客様、今しばらくお待ちください。

大物部品でお困りの方は6月以降に問い合わせお願いします。

また随時更新します。

 

 

スチール看板

今月はスチール看板にパウダーコートしました。

今回は看板ということで紫外線での色あせが懸念されますので高対候性パウダー+対候クリアとひつこいくらい対候系で塗りました。

これで10年以上いける?と思います。

IMG_1916

IMG_1918

文字がつながっている看板で色分けが必要でしたのでマスキングで対応しましたが、パウダーで1m位の大きいマスキングは初めての経験でした。

メックコーティングでは塗装がはがれている。錆びている。もしくは色あせた金属性の看板リペイント承ります。

 

 

 

 

PAGE TOP ↑